Office with material 日本のオフィスはなぜ、均質でグレーなんだろう?

2016.1.15 | TEXT

3面が窓の明るいオフィス。ビビットな色合いの床材が映える空間。

3面が窓の明るいオフィス。ビビットな色合いの床材が映える空間。

 

仕事と遊びを一緒にするな!ちょっと前の時代に、会社では常套句にすらなっていたフレーズ。日本のオフィスが置かれていた状況を象徴しているような気がする。昨年のトークイベントでイデーの川渕恵理子さん(株式会社イデー常務取締役)が話していたことを思い出す。

 

『かつて「働く」という言葉の英訳は「labor」だった。それは使役を意味する。そして今、「働く」は「work」と訳されている。次の時代それは「play」と訳されるようになるんじゃないかな。』

 

時代に応じて、働くということの目的や意味は変化している。

確かに、今僕たちは働くことを「work」と思っているかもしれないが、求められる成果が合理性から創造性に変わってしまった組織にとって、働くことの意味もスタイルも、変わっていくだろう。

 

Googleやappleのようなクリエイティブのトップを走っている企業のオフィスは、まるで公園や遊園地のような遊び心に溢れている。そこから高い創造性と生産性が生まれているとするならば、次のオフィスの風景はそっちに向かっていくと考えるのが必然かもしれない。

 

 勤勉な日本では、仕事においても均質な一体感が求められた。それが整然と島型に配置された、色彩のないグレーでストイックなオフィスの風景をもたらした。

 

ちなみに僕は、それに否定的な印象はあまりない。実際、そんな空間で長く、落ち着いて働いてきた。過去の日本においてはその空間が高い生産性や競争優位性を獲得してきたのも確かだ。

 

でも、それは歴史上の出来事になろうとしている。現在、日本の生産性や競争力は世界的に見て、必ずしも高水準にあるとは言い難い。

新しい企業、組織はどのような働く空間を求めているのだろうか?このプロジェクトは、その答えを考えるきっかけとなった。

 

 

色と素材で働く空間は変わるか?

築25年のオフィスビル。エントランス部分もリノベーション し、イメージを刷新した。

築25年のオフィスビル。エントランス部分もリノベーション
し、イメージを刷新した。

 

この神田須田町のプロジェクトとは、築25年のオフィスビルのリノベーションで、入居者は部屋の間仕切り位置と床材を選ぶことができる。

 

普通のオフィスは、賃貸募集の時に既に壁紙や床のタイルカーペットが仕上がっている。入居者の自由と言えば、そのオフィスに入れる家具を選ぶことぐらいだろう。それでは相変わらず僕らの仕事場はグレーな世界から抜け出せない。

貼る床材の色を2色にし、貼り方も変えてみた。

貼る床材の色を2色にし、貼り方も変えてみた。

3面が窓の明るいオフィス。ビビットな色合いの床材が映える空間。

3面が窓の明るいオフィス。ビビットな色合いの床材が映える空間。

 

このプロジェクトでは、床材はあらかじめ用意されたマテリアルブックの中から、好きな色、好きな素材、好きなパターンを選択することができる。

 

『床材を変える。』たったそれだけだけど、空間の予想は一気に変わる。自分たちの空間を、自分たちの色に染めることから始めることができる。しかも特別な追加料金なしに。

※ 1月中旬までに入居申込の場合、選択が可能。

 

 

マテリアルブックとは?

用意した床材は見た目も様々。一見木材のように見えるものも、実はタイルだったりする。

用意した床材は見た目も様々。一見木材のように見えるものも、実はタイルだったりする。

 

ここで用意した、マテリアルブックとは?

 

「フェイク」を素材キーワードにしてみた。塩ビタイルだけど木に見える。丈夫なリノリウムなのに、微妙な織りが入っていて布にしか見えない。材料って面白い、いろんな工夫がされている。そんなフェイク素材を積極的に集めてみた。

見た目だけでなく、色も様々。カーペットでも、思い切った色合いにして楽しんでほしい。

見た目だけでなく、色も様々。カーペットでも、思い切った色合いにして楽しんでほしい。

 

もう一つキーワードにしたのが、色合い。グレーなオフィスから強引に脱却するために、鮮やかな発色を選択可能とした。

 

3面が窓の明るい部屋なので、昼間は外からの光が床に反射し、空間全体を床の色が包み込む。逆に夜は照明の光が反射して、外から見るとぼんやりと不思議な色彩の空間に見える。

 

 

エントランス空間に中間領域を作ってみた

エレベーターを降りると、そこにラウンジがある。少し広いため、ここでちょっとした打合せもできる。(写真はプラン2)

エレベーターを降りると、そこにラウンジがある。少し広いため、ここでちょっとした打合せもできる。(写真はプラン2)

ラウンジと執務室を区切る引戸と開戸は鉄でつくった。無骨で存在感がある。

ラウンジと執務室を区切る引戸と開戸は鉄でつくった。無骨で存在感がある。

 

エレベーターを降りた空間にラウンジをつくってみた。このラウンジも、部屋の間仕切り位置を選ぶことによって、広さが変わってくる。

 

間仕切り位置は、2種類から選べる。

 

プラン1はラウンジが、プラン2は執務室が広くなる。コンパクトなオフィスの場合、エントランス空間が小さくてちょっと寂しい。このプロジェクトでは、エントランスを大きめに設定し、そこでちょっとしたミーティングや接客が出来るような場とした。

 

プラン1は間仕切りがガラスの引戸で、開きっぱなしにしておけば一体空間として捉えることもできる。 プラン2は間仕切りが小窓付の壁と無骨な鉄製の開戸なので、エントランスと執務室をしっかり分けたい方に良さそうだ。

プラン1は間仕切りがガラスの引戸で、開きっぱなしにしておけば一体空間として捉えることもできる。
プラン2は間仕切りが小窓付の壁と無骨な鉄製の開戸なので、エントランスと執務室をしっかり分けたい方に良さそうだ。

 

小さな工夫で仕事は変わるか?

どれも、細やかで小さな工夫だ。でも、ちょっとしたことで働くモードや、コミュニケーションの機会はドラスティックに変化する。

 

均質でグレーな空間からはやはり、均質でグレーなアウトプットが生まれてくる気がする。だったらまず、手っ取り早く空間の質感を変えてみよう。それによりどんな効果が生まれるか。

 

これがこのプロジェクトのメッセージだ。

(文=馬場正尊)

佐賀市柳町歴史地区の再生とエリア・リノベーション

2015.9.3 | TEXT

江戸時代に博多と海外貿易が唯一許された出島をつなぐ道は長崎街道と呼ばれ、賑わっていた。長崎街道は、長崎と小倉をつなぐ街道として整備され、賑わっていた。佐賀市の柳町もその重要な宿場町で、通りにはさまざまな店舗や銀行が並んでいた。しかし現在、そこはひっそりとした住宅街になり、明治大正時代につくられた建物だけが当時の面影をうっすらと残していた。

佐賀市はこのエリアを景観保存地区に指定し再生に乗り出した。そのプロセスのデザインと設計を任されることになった佐賀は僕の地元だ。中学、高校時代を過ごした思い出の場所が。当時は柳町にそんな歴史があったとはまったく思いもしなかった。

氷漬けの歴史資料館のような街にしたくなかったので、あえて建物文化財指定しないことを提案した。文化財になってしまうと活用にさまざまな制限がかかってくるからだ。時代に即した、いきいきとした使い方を導くためにはそれが障害になる可能性があった。文化財を扱うような気持ちで設計デザインを行い、ファサードは当時の姿を再現しながら、内部は現代の使い方に対応した洗練されたデザインにすることにした。

もう一つの工夫が、リーシングである。工事に着工する前、設計の段階でこの空間を活用してくれるテナントを募集した。そのテナントと会話をしながら詳細のデザインをつめていく。使う側に空間上の愛着を持ってほしいし、建物や町ができるプロセスに参加してほしいと思ったからだ。こんなふうな町になる、というスケッチを描いて、その風景を共有できるテナントを公募で集めた。

この春、その柳町歴史地区の再生が一区切りを迎えた。10の新しいテナントが江戸末期から明治初期にできた建物を使って営業を始めている。地元の伝統織物の工房、和紅茶の専門店、IT企業が運営するカフェ、写真スタジオ、若いデザイナーやプログラマーのスモールオフィスなど、思いがけない組み合わせがそこでは生まれている。

興味深かったのは彼らが、町が完成する前に町内会のようなまちのマネジメント組織をつくったことだ。行政まかせではなく、自分たちの街を自分たちで考え、先導し、マネジメントし、稼げるエリアにするための組織組織というよりチーム、といったほうがニュアンスを正しく伝えているような気がする。

新しい手法と、新しいデザインと、新しい住民たちによって作り上げられる柳町歴史地区。これが地方都市のエリア・リノベーションのひとつのモデルになればいいと考えている。

 

rvsg_108

*こちらの記事は季刊誌『オルタナ41号(2015年7月29日発売)」に掲載された記事です。オルタナ

(文=馬場正尊)

「公共R不動産」、はじめました。

2015.6.18 | TEXT

「公共R不動産」というWebサイトの制作を始めている。

今までのR不動産は、民間が所有しているさまざまな物件について、その魅力を写真や文章で表現しながら眠っていた価値を顕在化させ、市場に再評価させるためのしくみだった。2003年に始まったこのサイトは、10年間で全国9カ所を数えるまでになっている。

「公共R不動産」はその公共空間版である。インターフェイスは基本的に同じで、全国に眠っている使われていない、でも隠れた可能性を持った公共空間をアーカイブしていく。もちろんただ物件を紹介するのではなく、空間の特徴や、こう使えばいいんじゃないか、というようなアイデアなどを、文章、写真、スケッチなどを織り交ぜて紹介していこうと考えている。

可能性を秘めたまま氷づけになっている公共空間を顕在化させ、利用の制限を溶かすことから始めるのである。その使い方にさまざまな人々や組織が参画することにより意外な使い方が発見されることもあるだろう。

ではなぜこのようなウェブサイトの必要性を感じたのか。その背景には全国に数多くの使われていない公共空間が存在し、そしてその数は今後も増え続け、これらを有効に活用するスキームがまだ日本にはほとんど存在していないという気づきがあったからだ。

今後、数多くの地方自治体が、税収減が想定される。ダブつく公共施設がその財政をさらに圧迫することになるだろう。だとするならば、それらは民間の手に委ねざるを得ない。しかし現在、それをスムーズに進めるスキームは今だに計画化されていない。公共R不動産では、眠っている魅力的な公共空間を本来の意味でパブリックスペースとするための、方法論自体を作り上げるエンジンにしたいと思っている。

全国の地方自治体で公共空間の活用の仕方に悩んでいる行政マンのみなさん、是非アクセスしてみて下さい。

公共R不動産HP(http://www.realpublicestate.jp)

IMG_3492

*こちらの記事は季刊誌『オルタナ40号(2015年4月30日発売)」に掲載された記事です。オルタナ

(文=馬場正尊)

「3.11以後の建築展」不確定な時代のなかの、建築家たちの試行錯誤

2015.5.1 | TEXT

今、金沢21世紀美術館で、興味深い2つの建築の展覧会が同時に行われている。一つは「ジャパン・アーキテクツ展」といい、戦後の日本の建築シーンの推移が、フランスのポンビドゥー・センターの建築キュレーターであるフレデリック・ミゲルーによって展示されている。

もう一つが「3.11以後の建築」と題され、建築史家の五十嵐太郎とコミュニティデザイナーの山崎亮による共同キュレーションで企画されている。震災を境に戦後、そして3.11以後という2つの時代の塊を繋げたかたちだ。その差異と連続性について改めて浮かび上がらせようというのが21世紀美術館の意図であろうか。僕は3.11以後の建築の中で、2つの立場から出展する機会をもらった。一つは東京R不動産である。建築家の役割の拡大というカテゴリーの中で、今までばらばらだった建築と不動産との架橋について表現しようとするものだった。もう一つは東北芸術工科大学でこの数年間、竹内昌義らと一緒に作ってきたエコハウスを出品している。

ジャパン・アーキテクツ展の展示風景を眺めてみると、そこには戦後日本のターニングポイントとなる数多くの図面のオリジナルや模型が多数並べられている。50年という時間の中で、焼け野原になった日本が急激に発展し、現在の都市を形成してきたプロセスは、そしてその中で建築家たちが構想し実現していった世界は、世界の文化史、都市史の中でも極めて重要な意味を持つことが再認識できる。その躍動した時代を感じながら展示郡の中を歩いた。

その次にやってくるのが、3.11以後の建築群である。その建築家達の試行錯誤は、さっきまで見てきた戦後の、ものを、そして造詣を作り上げようとする欲望に素直な時代とは打って変わり、社会や地域や人々の中で、一体建築という物体がどうあるべきか、それがどう作られるべきか、ということを明るく前向きに考えようとする試行錯誤そのものだった。結果的に展示空間自体は、今までの概念の建築の展示とはかなりかけ離れ、まるでお祭りのプロセスを表現しているかのようだった。

これらはまだ時代の評価を得たものではなく、あくまでも試行錯誤の段階。それがまとめられないままに、散らかった時代の状況を象徴するかのように展開されたものだ。これらの動きがその後歴史となって眺められたとき、どのように見えるかはまだわからない。しかし、この不確定な時代の中で僕らが一体どういう方法で空間を作っていこうとしてきたのか、その瞬間を切り取った展覧会として、とても意義深いもののように思う。北陸新幹線も開通することだし、是非見に行ってみてはどうだろうか。

311_72_0008

*こちらの記事は季刊誌『オルタナ39号(2014年12月16日発売)」に掲載された記事です。オルタナ

(文=馬場正尊)

夏の山形より、酷暑が生んだ「冷やしカルチャー」

2015.2.16 | TEXT

山形の大学に通うようになってもう7年目になる。この街の文化もかなりカラダに染み込んできた。今回はその一つ「冷やしカルチャー」について紹介する。僕は地域の風土が生み出す、ちょっと風変わりな慣習が好きだ。

まずその代表が、冷やしラーメン。冷やし中華ではない、あくまでラーメンである。たっぷりとしたスープのなかに麺と氷が入っている。味はさわやかで、夏に汗をかきながら食べるラーメンも捨て難いが、山形ではやはりこれである。「栄屋本店」(山形市)という店が始め、街じゅうに広がったというウワサがあるが定かではない。店ごとに工夫されたスープが味わえる。スープの合間にガリガリと氷をかじる食感がなんとも言えずクセになってしまう。

そして、最近体験したのが、冷やしシャンプー。山形では夏になると、飲食店の軒先にかき氷の旗が出るように、床屋に「シャンプー。冷えてます」のメッセージがはためく。

盆地の山形はフェーン現象で夏は40℃を越える日もあり、20年間日本の最高気温記録を保持していた、日本有数の酷暑の街なのだ。だからいろんなものを冷やす傾向にある。冷やせばなんでもいいというわけではないが、この冷やしシャンプーは、とにかく気持ちよかった。キンキンに冷えたシャンプーがほてった頭にツゥーとつたう。そこに氷水でわしゃわしゃと洗ってくれる。ダメ押しがメンソールで、頭のなかでは氷の平原の風景が広がる。もう夏の散髪はこれなしではいられない気がする。

エアコンのない時代、この気持ちよさのインパクトはどれほどのものだっただろう。酷暑の山形を楽しむ知恵である。夏の山形を音尋ねたときは、山寺で岩にしみいる蝉の声を聞いた後に、まちなかの床屋に入って「カットと、冷やしシャンプーで」とオーダーしてみるのはいかが。旅先では、何気ない地域の日常の一端を感じたいですよね。

 (ちなみに、おしゃれなサロンでも、ちゃんと冷やしシャンプーやってます)

DSC01019

*こちらの記事は季刊誌『オルタナ38号(2014年9月29日発売)」に掲載された記事です。オルタナ

(文=馬場正尊)

« Previous Entries